スマホグッズのノベルティが人気!【販促お役立ち情報】

展示会用や来店者向けに配布するノベルティ。できるだけ多くの人に喜ばれるオリジナルグッズを作成したいなら、スマホグッズがおすすめです!

今回は男女問わず利用できるおすすめのスマホグッズをピックアップ。ノベルティ制作の基本的な知識もお伝えします。

「ノベルティを初めて作成するが、何に気を付けて進めたらいいのかよくわからない」という方もぜひ参考にしてください。

ノベルティの役割・PR効果

ノベルティ

展示会場やイベント会場などで配布しているグッズは、厳密にいえば目的によっていくつかの種類に分けられ、それぞれ「ノベルティ」「粗品」「販促品」などと呼ばれます。

これから効果的なノベルティを作るにあたり、どんな役割のアイテムをイメージして制作に取り組むのか、社内で共通の認識を持っておくことが大切です。

ノベルティと粗品との違い

「ノベルティ」とは、企業が自社のサービスや製品の販促や宣伝を目的として既存の顧客へ向けて配布するグッズのこと。

「粗品」とは大人数に配布されるグッズのことで、社名入りのタオルなどが代表的です。「粗末な品物」という意味で、他人に贈る品物を謙遜した言葉でもあります。

商業的な宣伝活動の一環で来店・商品購入・契約などのお礼として贈られる品物のことを指すこともあります。

日常的には主に「お礼の品物=粗品」と呼ぶ場合が多いようです。

ノベルティと販促品との違い

ノベルティは前述の通り、既存の顧客に対して配布することが多いものです。「〜〜円以上購入された方に」「〜〜参加特典として」などと配布の条件を限定する場合は、記念品としての役割を果たします。

一方、販促品とは一般の見込み客を対象に、自社の製品やサービスをPRしたり、イメージ向上につなげたりするために広く配布するモノのことです。

スマホグッズをノベルティにする注意点

ノベルティ

スマホ関連のノベルティといっても、その種類はとても多く存在します。

比較的気軽に使用できる身近なものから、あると便利なグッズ、さらにはヘビーユーザー向けのものなど多種多様です。

スマホグッズをノベルティにする場合、どのようなことに留意して選べば良いのでしょうか。選択の際にチェックしたいポイントを紹介します。

ニーズに合わせたスマホグッズを選ぶ

スマホグッズをノベルティとして作成する際は、自社の顧客のペルソナを分析した上で、相手に喜んでもらえそうなアイテムを選びましょう。

たとえば、顧客に若い女性が多ければミラー付きのスマホケースや自撮り棒、会社員が多ければモバイルバッテリーやビジネスサコッシュなど、実際に相手が使うシーンを想定した上でアイテムを選ぶと失敗を避けられるでしょう。

幅広い年齢層で、なおかつ男女比も同じくらいなら、スマホリングやタッチペンなど誰にでも使ってもらえそうなノベルティ素材を選びましょう。

グッズの利便性を考える

ノベルティは配布して終わりではなく、顧客に使ってもらってこそPR効果を発揮します。

毎日少しずつでも触れたり見たりすることで企業名やサービスを思い出してもらうだけでなく、単純接触効果によって企業に好感を抱いてもらえるからです。

単純接触効果とは、とある対象を日々繰り返し見たり聞いたりしていると、だんだんそレに対して好意を抱くようになるという法則のこと。このことからも、ノベルティは顧客にたくさん使ってもらう必要があります。

そのためには、利便性のあるアイテムをノベルティにすることが重要です。たとえばイヤホンや充電器であれば万人に繰り返し使ってもらいやすく、おすすめのアイテムと言えます。

デザインも重要な要素

ノベルティのデザインはとても重要なポイントです。ビジュアルはそのまま企業へのイメージとして浸透してしまうため、自社に合ったデザインを検討する必要があります。

同時に、ターゲット層が好むデザインにすることも重要です。スマホに関連したグッズは持ち歩いたり人前で見えるのが前提なのでなおさらです。

ターゲット層の幅が広い場合、好みがわからない場合もあります。受け取る相手の割合が男女で偏りがないのであれば、ニュートラルなデザインを選びましょう。

お助けグッズは好印象をもたれやすい

スマホを操作したいのに充電が切れてしまい、困ったことがある方は多いでしょう。

そんなときに「あのときノベルティとしてもらったスマホ充電器がある」となれば喜んでもらえます。

役立つノベルティをくれた企業のことも「消費者の気持ちがよくわかっている」と、良い印象を持ってもらえるでしょう。

ノベルティとして定番のスマホグッズ

ノベルティ

いつでもきれいに「モバイルクリーナー」

毎日使うものだからこそ、スマホは常にきれいな状態にしておきたいと思う人は多いもの。

スマホの画面についた細かなチリやホコリもきれいにふき取れるモバイルクリーナーは、誰もが気軽に使いやすくて喜ばれるノベルティになります。

モバイル用クリーナーという名前であっても、メガネのレンズ拭きとしても併用できるものが多くあります。

バッグに入れて持ち運んでも邪魔にならず、もらって嬉しいノベルティの一つです。

細かい操作もらくらく「タッチペン」

ゲームでの細かい操作など、指ではやりづらい操作をラクにしてくれるタッチペンもスマホ関連のノベルティとしておすすめです。

あまりかさばらないため、配る側ももらう側も便利で、展示会やセミナーでのノベルティとして活躍します。

フルカラープリントも可能なので、デザインにこだわれる予算があるなら特別感のあるノベルティに演出できるでしょう。

外出時も安心のスマホ充電グッズが好評

スマホグッズ ノベルティ

どこに行くにしてもスマホが手放せなくなった時代だからこそ、スマホ充電グッズはいつでもスマホと一緒に持ち歩け、名入れもしやすいため理想的なノベルティといえます。

外出時、訪問先を探している際に急にスマホのバッテリーがなくなって迷ってしまったり、周りに道を尋ねる人がいない場合や外国にいるときなど、充電グッズは本当に重宝します。

また、メモや覚書、連絡先は全てスマホの中という人にとって、常にバッテリーを確保できるグッズを携帯することは必須です。

充電が簡単にできる「ワイヤレス充電器」

スマホを上に置くだけで、電磁誘導理論によるワイヤレス充電ができる充電器も、もらって嬉しいノベルティの一つです。

見た目がスタイリッシュで余計なコードが省かれているため、デスクの上でも邪魔にならず、とくにオフィスで重宝するでしょう。

ただし、対応機種が限られている場合があるため注意が必要です。

コンセントがなくても安心「モバイルバッテリー」

モバイルバッテリーは充電できる容量によって大きさもいろいろですが、容量の大きなものはアイテム自体が大きくなって持ち運びが面倒です。

その点、小さいモバイルバッテリーを複数持っていると、様々なシーンで使い分けることが可能にです。余分に持っていれば、ほかの人に貸してあげることもできるお助けグッズになります。

コンパクトタイプは1,000~3,000mAの容量で予算も抑えられ、普段の使用にちょうどよいサイズ。

名入れもしやすいためノベルティにはぴったりです。

外出時も安心!複数充電可能な「AC充電器」

AC充電器は、ポートの数で充電できる数が異なります。

私生活用と仕事用にスマホを使い分けている人、スマホとタブレットをいつも持ち歩いている人には複数充電可能なAC充電器が喜ばれます。

スマホの落下を防ぐグッズ

スマホ落下 ノベルティ

最近のスマホは画面サイズも大きく、手に余る大きさのせいか「滑って落としてしまった」という話をよく耳にします。スマホを落として画面が割れてしまった経験を持つ人もいるでしょう。

また、ジーンズの後ろポケットやバッグからうっかり落としてなくしてしまうことも起こりがち。

そのようなアクシデントに対応する便利なグッズを配布すれば、受け取った人は「消費者の気持ちがよくわかっている企業だ」というイメージを持ってくれることでしょう。

指に引っ掛ける「バンカーリング」

スマホをしっかり持つために、スマホの裏側部分に貼り付けて指に引っ掛けるリングです。リングと貼り付け部分だけの小さなアイテムですから、渡しやすい点からもノベルティ向きです。

デザインの幅も広く、たとえば動物の形にするなど、自社らしい表現が工夫できる魅力があります。

リングの貼り付け部分には会社名やロゴがプリントできるので、スマホの一部として愛用してもらえればPR効果が高まるでしょう。

また、リングは落下防止だけではなく、海外旅行での盗難防止にもなるところが注目されています。

海外では「ファストフードのお店でトレイを受け取るためにiPhoneをポケットに入れた瞬間に盗まれた」などの事例が多いので、海外旅行によく出かけるターゲット層に贈れば実用性もあり、喜ばれるアイテムになるでしょう。

かわいいデザインもある「スマホケース」

スマホの傷や汚れを防止するスマホケース。ノベルティとしての制作費用は比較的リーズナブルで、愛用してもらえばいつもスマホと一緒に目に入るため利点の大きいアイテムです。

ただし、スマホケースには高いデザイン性が求められることに注意。顧客の層をしっかり把握してデザインを依頼しましょう。

たとえば、女性向けにはカラフルな色使いや花柄などの印刷を入れたものが好評です。男性向けにはレザーやプラスチック製でシンプルな作りのケースが喜ばれるでしょう。

落としても安心「紛失防止タグ」

置き忘れを防止できる紛失防止タグは、スマホを落としたときにアラームで教えてくれます。

スマホだけではなく、鍵やお財布など落としては困るものにも利用可能です。その他、アイテムにつけるだけではなく、マスコットやお子さんの迷子防止にも。

置き忘れてしまったときは、デバイスで置き場所を見つけられるので、うっかりが多い人にとても喜ばれる便利なアイテムです。

こんなシーンでも使える!スマホグッズ

スマホグッズ ノベルティ

常にSNSやLINEなどのお知らせが来るのを気にしている人は、どのような状況でもスマホを手放したくないものです。

また、スマホで動画を鑑賞する人も増え、1日中利用するアイテムといっても過言ではありません。

しかし、ずっとスマホを持っていると手が疲れてしまいます。

そんなときに便利なスマホグッズをノベルティにすると、使うたびに満足感とともに会社やお店の名前を思い出してもらえるでしょう。

お風呂や屋外用に「防水ポーチ・ケース」

浴槽に浸かり、電話でおしゃべりするシーンが有名なハリウッド映画がありました。

ゆっくりでき、おしゃべりにもぴったりの時間なので、水に入れさえしなければ大丈夫と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし風呂場は湿度が高く、スマホを浴室内で使っていたことが原因で壊してしまうケースは大変多いものです。

それでも「お風呂場でスマホを使いたい」という人に喜ばれるスマホグッズが、防水ポーチやケースです。ケースの上からも問題なく操作できるためチャットもできます。

浴室だけではなく、旅行での海辺や湖畔、船に乗って水しぶきを受ける可能性のある場合にも便利です。

また、スポーツ観戦やレジャーなど、屋外で雨が影響するイベントや、海やレジャープールなどの水に関連するイベントで配布するとより効果的なノベルティとなります。

毎日使うとは限りませんが、いざというときのためにもらって嬉しいノベルティの代表です。

筋トレ中にスマホを見たい人に「スマホスタンド」

スマホにアプリを入れてダイエット・ヨガ・筋トレなどに利用している人が増えているようで、スマホの動画を見ながらのエクササイズも盛んです。

その一方、「スマホを見ながら真似しようとすると画面が見づらい」と不満に思っている人もいるようです。

画面を見ながらのエクササイズではうまくできないことが多く、また壁に立てかけて見ようとしても使いにくいことがあります。片手にスマホを持った状態のエクササイズは、手が疲れるばかりかポーズもうまく取れません。

そんなときに便利なのがスマホスタンドです。寝転んでビデオを見たいときにも使えるので、幅広い人に喜んでもらえるでしょう。

オフィスでの仕事中にもスマホを立てかけておけるため、着信を確認しやすいというメリットもあります。

プライベートでも仕事中でも活躍の場があるアイテムなので、ノベルティに最適です。

いつでも音楽を「ワイヤレスイヤホン・スピーカー」

作業をしているときにも気軽に音楽やポッドキャストなどを聞ける「ワイヤレスイヤホン」や「ワイヤレススピーカー」は重宝してもらえるアイテムです。

とても小さく軽量のため、ノベルティとして渡しやすく、受け取っても邪魔にならないアイテム。名入れにも対応可能です。

マネーケースのような収納ケースに入れてお渡しすれば、相手に喜んでもらえるでしょう。

車の中でもスマホ「カーマウント」

カーナビの代わりにスマホを固定して使うときにスマホを支える便利グッズです。

スマホだけではなくタブレットを置けるタイプもあり、運転しながらも見えやすく、長距離の移動でお子さんが退屈しないようにビデオを見せることもできます。

利用は車内だけでに限らず、キッチンでレシピを見たり、筋トレの際にエクササイズビデオを見たりと、幅広いシーンで活用できるでしょう。

ロゴや社名を入れたい時は、スマホを支える部分に印字が可能です。

寒い日にも安心の「スマホ用手袋」

季節は冬場に限定されるものの、スマホ対応の手袋もおすすめのグッズです。

冬の外出時にスマホを操作したいとき、手袋をはめたままでスマホが反応せず不便に思ったことのある人は多いでしょう。

スマホ対応の手袋なら指先に導電糸を縫い込んでいるので、手袋を着用したままスマホが操作できます。

女性向けならおしゃれな刺繍入り、男性向けならシックな色合いにするなど、デザインの応用がきくところもノベルティとしての魅力。ファッション感覚で使ってもらえるでしょう。

まとめ

スマホグッズ ノベルティ

今回はノベルティに最適・便利なスマホの周辺グッズをご紹介しました。

スマホは多くの人にとって身近なアイテムのため、関連グッズはとても喜ばれます。

また、スマホグッズは小さく軽いものが多いという点も見逃せません。ノベルティを展示場や店頭などに運ぶときも扱いやすく、準備の労力の点でも比較的手軽でおすすめです。

ノベルティを企画制作するなら、まずはノベルティ制作の専門業者に相談することをおすすめします。蓄積したノウハウをもとに、予算やデザインの要望に応じて最適なグッズを制作してくれるでしょう。

今回お伝えした情報を、最適なノベルティ作りにぜひお役立てください。