ノベルティに迷ったら健康グッズや風邪予防グッズを!男女別のおすすめ

イベント企画でノベルティを配布する場合、来場者の年齢やがバラバラだとグッズ選定が難航しますよね。

そんな時のおすすめはオリジナルの「健康グッズ」です。現代では、老若男女問わず健康維持への意識が高まっているので、ノベルティとして作成・配布すると幅広い年齢層の方に喜ばれます。

今回は男女別のおすすめ健康グッズをご紹介するので、これから準備するノベルティの参考にしてください。

健康グッズがノベルティにおすすめの理由

ノベルティ 健康

健康グッズがノベルティにおすすめの理由は、日本人の健康意識が高まっている他にもあります。

「実用性」と「いたわり」を兼ね備える

日本は疲れている人が多い「疲労大国」であるといわれています。

あなたの周りにも「疲れた」や「疲れが取れない」と、よくつぶやいている人がませんか? 毎日を仕事や育児で無理して頑張る人が多く、疲労が溜まっている人は多いものます。

そんな疲れている人たちに、凝り固まった体をほぐしたり、手軽に運動ができたりする健康グッズを贈れば「お疲れ様」のいたわりの気持ちが伝わるはずです。

自分では買わないけど、あったら嬉しいモノ

健康グッズは気になるけれど、自分で買うとなると敷居が高く感じるものです。「欲しいな」と思っても、つい後回しにしがちではありませんか?

自分では買わないからこそ、もらうと嬉しい=プレゼントすると喜ばれるアイテムと言えるでしょう。

健康グッズの予算相場とは

ノベルティ 健康

景品表示法(景表法)により、ノベルティに掛けられる金額は上限があります。

参考資料:消費者庁ホームページ「景品規制の概要」へ >>

景表法で述べられている「総付景品(そうづけけいひん)」というものがいわゆる「ノベルティ」に相当します。

総付景品の金額の取り決めの中に、取引金額が1,000円を超える場合は「取引の価額の10分の2」までという規定があります。

たとえば「3,000円の商品を購入してくれたお客様に渡せるノベルティの金額上限は600円」ということです。

取引金額が1,000円未満の場合は、ノベルティの最高額は「200円」です。

この法律は、ノベルティを企画制作する上で必ず押さえておきましょう。

では、ここからは健康グッズの予算相場をご紹介します。企画予算やノベルティを贈るターゲットによって掛けられる金額も変わるため、以下の情報は一般的な目安と考えてください。

会場の来場者全員に配るノベルティ

展示会やショップ店頭などで、来場者全員に配ることを想定してノベルティを制作するなら、一個につき200円まで予算を掛けるケースが多いでしょう。

単価が安い健康グッズのノベルティ素材として、入浴剤などが挙げられます。

価格帯としては一個50円程度で準備できるものもあるので、検討できるノベルティ素材の選択肢は十分に見つかるでしょう。

購入者に配るノベルティ

「◯円以上お買い上げの方に健康グッズをプレゼント」などのように、条件に当てはまった場合にノベルティを贈る場合です。

お客様の購入総額によってノベルティに掛けられる金額が変わりますが、ノベルティに1,000円以上の予算を掛けられるなら、簡易マッサージ機や加湿器など、ある程度豪華な健康グッズも準備できます。

ノベルティにおすすめの健康グッズ紹介

ノベルティ 健康グッズ

ここからはノベルティにおすすめの人気の健康グッズをご紹介していきます。老若男女問わず喜んでいただける健康グッズのため、迷ったときの参考にしてくださいね。

アロマディフューザー/加湿器

ディフューザーは、アロマの香りを部屋中に拡散する事ができる芳香器です。部屋全体にアロマの香りが広がりリラックス効果があります。

多くのディフューザーは、コンセントを差し込むだけで使える簡単な仕組みのため、誰でも使いこなせるものです。ディフューザーがあると、ストレスが多い生活の中でもアロマの香りでリフレッシュできます。

価格は1,500円ほどから、高いものだと5,000円~10,000円くらいです。

加湿器は卓上で使えるコンパクトなものから、部屋の隅に置く本格的なものまであります。空気中の湿度をあげることで、喉や鼻を空気中のウイルスから守り、風邪やインフルエンザの予防に。

特に空気が乾燥する冬には重宝され、ノベルティで配れば喜ばれるでしょう。卓上で使えるコンパクトサイズのものなら、値段も300円から1,000円ほどです。

ペットボトルなどに挿して使うタイプや、給水紙を湿らせて使うタイプなどもあります。最近ではデザインがおしゃれなものも発売されていますが、ターゲット層が幅広い場合には相手を選ばないシンプルなデザインがおすすめです。

歩数計

どれくらい歩いたか確認できる歩数計は、健康グッズのノベルティの定番です。

歩数が分かれば歩くモチベーションが上がり、「エレベーターではなく階段で行こう!」という気分にさせてくれます。

最近では歩数計に様々な機能がついたものも。ただし歩数さえ分かれば良いという人も多いので、歩数のみを計測できるシンプルなものがコストパフォーマンスが良いでしょう。

アイマスク

安眠や目の疲れを取るアイマスクは、配布時にかさばらないことからもノベルティにおすすめのアイテムです。名入れもしやすい素材なので、宣伝効果が期待できます。

最近ではレンジで温めたり冷蔵庫で冷やしたりして、疲れ目を癒す効果のあるものが登場しています

温かいアイマスクは目の周りの血行を促進し、筋肉の緊張をほぐしリラックスさせてくれます。逆に冷たいアイマスクは、目が充血している時に効果的です。

使う場面はお休みの時だけではなく、意外に多いのがビジネスシーン。新幹線での移動中などに使う方も多いので、ターゲットや年齢層によってはシンプルなデザインにしたほうが使ってもらいやすいでしょう。

感染症対策にも役立つ全自動ソープディスペンサー

ディスペンサーは、液体石鹸や食器用洗剤を自動で一定の量だけを出してくれる装置です。ノズルを触ることなく、手や食器を洗う事ができます。

洗う前の手でノズルを触ると、手についたウイルスがついてしまうもの。全自動ソープディスペンサーならノズルに触る事なく手や食器を洗う事ができるので、ウイルス感染症の対策にもなります。子ども1人で洗う時にも、決められた量の石鹸が自動で出てきたら、上手に洗いやすくなるでしょう。

全自動のため豪華なノベルティに見えますが、1,000円以下で制作も可能で、法人向けのノベルティとしてもおすすめです。

社名をさりげなく名入れすれば、毎日見てもらえるものなので効果的なPRグッズになります。

男性向け、人気の健康グッズ

ノベルティ 健康グッズ

ここからは男女別に人気の健康グッズをご紹介します。まずは男性に人気の健康グッズです。

体型が気になる人に

毎日忙しくて日常的に運動できないという方は多いもの。しかし、運動不足は生活習慣病の発症リスクを増大させます。そんな方に向けて、予防に役立つグッズを贈りましょう。

BMIメジャー

BMIとは “ Body Mass Index ”の略で、世界共通の肥満度の指標のことです。

BMIメジャーは普通のメジャーとは異なり、身長体重の目盛りをあわせてBMI数値を調べるダイヤルが付いています。BMIメジャーでウエストを測るだけで自分の現状を数値で理解し、メタボ対策への意識付けができるというわけです。

運動不足が続くと肥満やメタボになりやすく、お腹周りに脂肪が付きやすくなります。BMI数値が気軽に測れるようになると、筋トレやダイエットなどのモチベーションにもつながるでしょう。

オフィスで使える健康グッズ

販促企画のターゲットが1日の大半をオフィスで過ごす会社員なら、職場でも手軽に使える健康グッズのノベルティが喜ばれるでしょう。

ツボ押し

長時間PCを操作していると肩や腕、手などが疲れきます。大掛かりなマッサージ器具をオフィスで使うのは気が引けるものの、手のひらに収まるようなコンパクトサイズのつぼ押しなら気軽に使えます。

職場でも使ってもらうことを想定したノベルティは、デスクに置いていても目立たないデザインが良いでしょう

足つぼのマッサージ器具もありますが、靴を脱がないと使用できないうえ、名入れした社名が目に入りにくいため、販促効果を狙うためにも手に持ってマッサージできるタイプがおすすめです。

歯ブラシとコップのセット

歯が20本以上あれば、自分の歯で食べる楽しみを味わえるだけでなく、全身を活性化し健康寿命を延ばすことができます。80歳まで20本の歯を残すためにも、毎日の歯磨きが大切です。

持ち運びに便利なコップと歯ブラシのセットは、オフィスでも使い勝手が良く重宝されます。歯ブラシは1ヶ月ほど使ったら交換する消耗品なので、販促PRの期間はそれほど長いわけではありませんが、確実に手に取って使ってもらえる可能性の高いアイテムです。

女性向けノベルティ、人気の健康グッズ

ノベルティ 健康

次は女性に人気の健康グッズです。

ダイエットをしたい人に

体型を気にする女性は多いもの。だれでも気軽に挑戦できるダイエットグッズが定番人気です。

トレーニングチューブ

トレーニングチューブは、足や手に掛けて引っ張ることで手軽に運動が可能。コンパクトなため収納の場所もとらず、トレーニング自体の場所も少しの空きスペースがあればできます。

ゴム製のチューブを引っ張るだけで筋肉や体幹のトレーニングが効果的にできるので、運動不足解消につながる便利なアイテムです。

家で使える健康グッズ

一番リラックスできる場所といえば自宅でしょう。家庭で使える健康グッズは、重宝されやすいもの。日々の疲れを癒してもらえる健康グッズを紹介します。

入浴剤

バスタイムが1日の疲れを癒す時間という女性も多いでしょう。

湯船に浸かることで、体が温まり血行が良くなります。体にたまった疲労物質が体の外に流され、疲れが取れやすくなるのです。さらに体がリラックスすることによって、脳もリラックスする事ができます。

そんなバスタイムの健康促進効果をあげるのが、入浴剤です。入浴剤にはリラックス効果のある香りや成分が含まれているので、バスタイムをよりリラックスできる時間へと変えてくれます。

かっさ

中国の民間治療として使われてきたかっさには、気になる箇所に圧を加えることで毒素を肌表面に押し出し、リンパの流れを促す効果が期待できるそう。

かっさでリンパの流れを促すことによって、スッキリとした輪郭や、顔色のトーンアップにつながります。

顔だけでなくお腹周りや足のマッサージにも使えるので、ノベルティにすると喜ばれるグッズです。

ノベルティにおすすめの風邪予防グッズ

ノベルティ 健康

秋冬に行う販促キャンペーンなら、健康増進グッズだけではなく、風邪予防グッズも喜ばれるノベルティになるでしょう。どのようなグッズがあるのか、おすすめを紹介します。

感染をガードするマスク

マスクは感染予防の基本です。個包装されているタイプがノベルティにはふさわしいでしょう。

マスクは使い捨てのものが主流ですが、洗えるマスクなら何度でも使うことができます。サイズ・機能・カラー・形状など様々な種類のものから選べ、バリエーションが豊富で名入れも可能なので、ノベルティとしての使い勝手の良いアイテムです。

サッと気軽に拭ける除菌シート

小分けになっている除菌シートはコンパクトなので持ち運びしやすく、気になったところをすぐに拭くことができます。

人が多く触れた箇所を拭くのに使えるので、感染症対策にも貢献します。また、屋外で手指を清潔にしたいのに近くに水道がない場合なども便利です。

パッケージに簡単に名入れできるので、ノベルティとしての需要が高まっている注目の素材です。

持ち運び可能なハンドジェルクリーナー

ジェルタイプのアルコール除菌クリーナーもサッと手を清潔にできて便利です。

鞄に付けられるようにストラップがついているタイプなら、鞄の中で迷子になりにくく、気軽に持ち歩いて使用してもらえます。

服についたウイルスを落とす粘着クリーナー

外から帰った服には、ウイルスが付着しています。

部屋に持ち込むウイルスを少しでも軽減させるために、自宅に入る前に粘着クリーナーで服の上でコロコロと転がし、ウイルスの持ち込みリスクを抑えます。

持ち運びができるコンパクトタイプをノベルティにすれば、オフィスにも置いておきやすく、PR効果も高まるでしょう。

水分補給には緑茶がおすすめ

体内の水分が減るとウイルスが侵入しやすくなると言われており、水分補給をこまめに行うことも風邪予防に役立つと言われています。

水分補給を意識したノベルティとしては緑茶がおすすめです。緑茶には、免疫力アップや抗酸化作用が期待できるカテキンが含まれています。

一番手軽なのはペットボトルの禄茶ですが、緑茶のティーパックなら小さいので、ちょっとしたノベルティにぴったりです。

健康グッズをノベルティにするときの注意事項

ノベルティ 健康

最後に、健康グッズをノベルティにするときの注意点をご紹介します。

簡単に使えてシンプルなものを選ぶ

使うための準備が大変だったり、機能が複雑で簡単に使えなかったりするようなものは、いずれ使われなくなる可能性が高くなります。誰でもさっと手軽に使える、シンプルな健康グッズを選ぶことがノベルティの条件です。

歩数計なら歩数だけが表示され、ボタンはリセットボタンの1つのみ、のような簡単な機能がノベルティにはおすすめです。

刺激が強すぎないものを選ぶ

コリをほぐす健康グッズは、あまり刺激が強すぎると、体が慣れていないため体を痛めてしまうこともあります。強弱の調整できるものや、対象部位を細かく調整できるものなどがおすすめです。

また匂いを発する健康グッズは、匂いが強すぎないものを選びましょう。好みの匂いではない場合はストレスになってしまい、使ってもらえなくなってしまいます。

場所を取らないものを選ぶ

大きすぎる健康グッズは、収納に困ってしまいます。場所を取らず収納に困らないコンパクトサイズのものが理想的です。

また、健康グッズを使う際に広い場所がないと使えない、というものも避けましょう。部屋を片付けないと使えないとなると、片付ける手間が発生してしまい、ストレスになります。

まとめ

ノベルティ 健康

30代以上をターゲットにした販促企画のノベルティとして、誰にでも使ってもらいやすい「健康グッズ」がおすすめです。

比較的安い単価で準備でき、種類も豊富なため選択肢の広いアイテムです。

老若男女問わず喜んでいただけるものとしては、アロマディフューザーや加湿器、歩数計、アイマスクなどがおすすめです。

また、冬場に配布するノベルティなら、風邪などの感染症対策に有効なアイテムもおすすめです。人が集まるイベントなどで風邪予防グッズをプレゼントすると、「人をいたわり、社会に役立つ活動をしている企業」というイメージにもつながるはずです。

初心者でも扱いやすいシンプルな機能のグッズを選ぶ事が、長く使っていただけるコツです。誰にでも使いこなせることを意識して選び、喜ばれるノベルティを制作しましょう。