環境に配慮したエコグッズのノベルティで企業イメージアップ!

エコを意識したノベルティグッズを活用してイメージアップを図る企業が増えてきました。

エコグッズ、もしくはエコ素材を活用したオリジナルノベルティは、誠実な企業姿勢を消費者に伝えるのにうってつけのアイテムです。

店名や社名を名入れしたエコグッズを配布すれば、消費者に「この会社(お店)は環境を守る意識が高い」という印象を与えられるでしょう。

この記事では、ノベルティの企画担当者様に向けて、エコグッズをノベルティとして使う際に役立つ情報をご紹介します。

環境に配慮したグッズを配る利点や、実際にどのようなグッズを制作できるのか、作成時の注意点なども解説します。

環境に配慮したノベルティグッズを紹介
ノベルティ

環境問題がクローズアップされている昨今、企業の社会的責任として環境問題に取り組むことは不可欠といえるでしょう。

環境保護の姿勢を顧客・見込み客へアピールするには、目的を明確にしてノベルティを作るのが効果的です。

企業のイメージアップ施策に役立つノベルティ素材として、おすすめのエコグッズを紹介します。

企業ロゴがセンス良く目立つエコバッグ

スーパーでもコンビニでも、すべての店舗でレジ袋が有料化されたため、エコバッグを持ち歩く方が増えています。

企業のノベルティグッズとしてエコバッグを配れば、喜んで使ってもらえることが多いでしょう。

また、エコバッグは色や柄などデザインの幅が広く、イメージに合うオリジナルのノベルティを作りやすいという利点もあります。

企業のロゴをセンスよくプリントすれば、高い宣伝効果が期待できるでしょう。

おしゃれなデザインを施したオリジナルのエコバッグなら、女性に喜ばれるアイテムになります。

「いつも持ち歩くセカンドバッグ」として、エコバッグ以上の使い方をしてもらえる可能性も出てくるでしょう。

エコバッグは用途ごとに使い分け

一口にエコバッグと言ってもさまざまなタイプがあります。

一般的に想像する、肩にかけられて買い物に便利な大容量のバッグはもちろん、ちょっとした買い物に便利な中型サイズや、お弁当を入れやすいランチバッグなど、使い方やサイズごとに違った印象のものが作れます。

また、エコバッグは女性が持つもののようなイメージがありますが、男性向けでコンビニの買い物に便利なコンパクトなエコバッグも気が利いていて喜ばれるでしょう。

その他、機能性を高めたエコバッグもあります。たとえば保冷機能付きや、ミニポシェット付きなどの変わり種も登場しています。

エコバッグ自体は定番アイテムではありますが、アイデア次第でまだまだ他のノベルティとの差別化が目指せる可能性大です。

ゴミになるはずの原料から出来た商品

本来なら捨てられてしまっていた廃材を利用したグッズが、エコの観点から人気があります。

間伐材・古い木材

廃材をお洒落なグッズに蘇らせるのは環境保護に積極的な企業としてイメージアップにつながるだけでなく、消費者側も使うことで環境に貢献しているという気持ちになれます。

たとえば間伐材や廃棄処分になる木材を利用した商品は、ゴミを減らすだけでなく森林の保護に役立ち、環境に優しいグッズとして人気です。

リサイクル紙のノートやメモ、廃材で作られたデスクスタンドなどはシンプルながら温かみのある質感も魅力で、センスの良さを感じさせるノベルティになります。

人工皮革

ラバーウッドやリサイクルレザーなどをマウスパッドに活用し、企業のロゴをお洒落にデザインするのもおすすめです。

リサイクル素材とは思えないほどの高級感があるので、パソコンのヘビーユーザーに喜ばれるノベルティとなるでしょう。

竹素材

竹はとても成長の早い植物で、竹林を守るためには間引きをする必要があります。

その間引かれた竹を使ったグッズは、竹林を育てる意味でも、本来なら捨てられてしまうものを使うという意味でも、環境保護に役立ちます。

最近ではカフェなどで飲み物が提供される際、再利用可能な竹でできたストローがついてくることが増えました。一人ひとりがマイストローとして持ち歩けば、脱プラスティック活動の一環として役立ちます。

またバンブー(竹)ファイバーを利用したマグカップはマットな質感とナチュラルなカラーリングがおしゃれで注目されています。

ペットボトルを削減するマイボトル

ペットボトルもレジ袋と並んで、環境のために削減したいもののひとつ。

プラスチックごみによる海洋汚染は地球規模で深刻化しているとされ、ペットボトル削減に乗り出す企業が増えています。

ペットボトル削減のためのマイボトルも、エコノベルティとして注目のアイテムです。

マイボトルに水やお茶を入れて持ち運ぶことでペットボトルの削減に貢献するだけでなく、使う人はペットボトル飲料購入のお金を節約することもできます。

マイボトルもノベルティ素材として使いやすいアイテムで、名入れやデザインが映えるという利点があります。

社名や店名を入れたおしゃれなボトルを制作すれば、受け取った人に長く使ってもらえて、その分宣伝効果も長く続くでしょう。

ゴミを減らすグッズ

世の中には便利さを追求した使い捨て商品があふれ、ゴミ問題が深刻化しています。エコグッズ には、このような使い捨てのゴミを減らすことにつながるアイテムがあります。

たとえばカフェで紙コップの代わりに使うタンブラー、割り箸代わりになるマイ箸、ビニール傘を買わないための携帯用折り畳み傘などはその一例です。

ノベルティとして配布することで、受け取った人にエコに関心を持ってもらうきっかけになると同時に、贈る側の意識の高さをアピールできるでしょう。

エコグッズのノベルティで人気の品は?

ノベルティ

エコグッズのノベルティの中でも特に人気のあるものをピックアップしました。素材を選ぶときの参考にしてみてください。

エコなキッチン用品はコストも◎

環境を守りながら節約もできるエコなキッチン用品は女性にとても喜ばれます。

キッチン用品はコストが低いものが多いのも、制作側にとって魅力です。

特に、初めてノベルティを配布する場合や、少ない予算で宣伝効果を試してみたいというときにおすすめです。少ない予算で実用性があり、喜ばれるノベルティが作れるでしょう。

具体的なアイテムとして、水だけで汚れが落ちるキッチンスポンジ、繰り返し使えるシリコンラップ、専用ケースで持ち運べるマイストローなど、気がきくノベルティとして喜ばれます。

オリジナルデザインのタンブラー

使い捨てを防止するタンブラーも、実用的で喜ばれるノベルティです。きれいな色で他と差別化するおしゃれなデザインなら長く愛用してもらえるでしょう。

カフェなどに持参すれば、1杯の価格が割引になるというメリットがあるのも嬉しいポイントです。

保冷・保温機能の高いステンレス製や、バンブーファイバーなどの天然原料を使ったエコタンブラーなど、素材もいろいろ。予算に合わせて選ぶことができます。

オフィスで使えるエコ文具

廃材を利用したノートなどのエコ文具も人気のノベルティです。リサイクル紙を使ったメモやノート、付箋などは格安で注文できます。

他社と差をつけたい場合は、針なしステープラーやリサイクルレザーのブックカバーなどがおすすめです。

普通の文房具ではなく環境に配慮したエコグッズをもらうことで、相手に与える印象もグンと良くなるでしょう。

価格別・エコグッズのおすすめノベルティ

ノベルティ
エコのノベルティグッズは他のアイテムと比べると、どうしても金額が高めになる傾向があります。

その理由は、リサイクルで作ると新しく制作するよりも制作工程が多くなってしまうからです。

「ノベルティ制作の予算は極力抑えたい」という方針の場合、エコグッズは必ずしも向いていないかもしれません。しかし、「多少高くなっても会社のイメージアップを図りたい」という場合には大きな力を発揮してくれます。

とはいえ、格安で注文できるエコグッズもないわけではありません。

ここからは、リーズナブルな価格帯別におすすめのエコグッズ を紹介しましょう。

100円以内

キャンペーンや開店のお知らせなどで、とにかく多数の人にノベルティを配りたい場合は、単価が100円以内でも喜ばれるエコグッズが制作できます。

何度も洗って使える不織布クロスや、折りたたんで小さくなるエコバックなどは実用性があり、すぐに使えるので喜ばれるノベルティになります。

また、リサイクル紙を使った付箋も単価を抑えたいときにおすすめです。ノベルティとして定番の付箋も、エコ仕様の風合いでちょっとした存在感のある贈り物になるでしょう。

100円〜500円以内

100円〜500円以内なら、より品質の高いエコグッズを選ぶことができます。

おすすめは、電池がいらないソーラーパネル付きのLEDキーホルダーや、繰り返し使えるエコカイロなど。エコバックも品質の良いものが選べます。

ソーラーのキーホルダーはアウトドアだけでなく、防犯や防災時にも役立つアイテムです。寒い冬に欠かせないカイロも、使い捨てをしないエコ仕様なら喜ばれるでしょう。

500円以上

500円以上の予算があれば、得意客向けにプレミアム感のあるノベルティを制作することが可能です。

リサイクルレザーで作った小物入れやラバーウッドで作ったマルチスタンドなどは、価格以上の高級感を感じさせます。

夏場には保冷機能付きのエコバック、冬場は容器に水を入れるだけのエコ加湿器が喜ばれます。

その他、携帯できるステンレス製カトラリーもおすすめです。

ノベルティグッズ制作の注意点
ノベルティ

ノベルティを作るときはグッズ選びだけではなく、商標権や著作権、景品表示法の問題にも注意しなければなりません。

また、名入れなどのデザインを施したい場合は、それに合った商品を選ぶことも必要になってきます。

ここからは、法律の問題や制作する際の注意点をご紹介します。

著作権・商標権などの権利侵害に注意

ノベルティは企業のイメージアップのために作るものですが、他者の著作権や商標権などの権利を侵害してしまっては顧客へ与える印象は台無しで、本末転倒な結果になってしまいます。

特定の会社の商品やサービスが似ているものは、「商標権」を侵害しているかもしれません。真似たりせずに、完全にオリジナルなものを作ることが大切です。

「著作権」にも注意が必要です。商標は申請することで初めて排他的な使用権を得ることができますが、著作権は小説、音楽、美術などの作品を作った時点で生じる権利です。

誰か特別な人だけの権利を守るものではなく、作った人に生来的に備わるものとされ、法で守られています。

そのため、どんなに素敵なデザインでも、無名の人が作ったものであっても、勝手に使ってはいけません。たとえばネットなどで見かけたイラストが気にいったとしても、無断で使用するのはやめましょう。

また、現時点では法律に違反していないものでも、差別につながる表現など、モラルに反する可能性のあるデザインには注意してください。

法に触れずに完全オリジナルのものを安心して作りたい場合は、ノベルティの専門店に依頼するのも一つの方法です。

ノベルティ価格の上限に注意

商品・サービスの利用者や来店者に対して配布するもの、先着順に渡すものは景品表示法で価格の上限が決められています。

  • 取引価格が1,000円未満の場合:200円まで
  • 取引価格が1,000円以上の場合:取引価格の2割まで

これ以上の価格のものを配布すると法律違反になるので注意してください。

素材によって印刷方法やデザインに制限が

ノベルティグッズの素材によって、印刷方法や仕上がりのイメージが変わります。そのため、作りたいものはどのような仕上がりを目指すのかあらかじめよく打ち合わせ、サンプルを確認しましょう。

例えばキーホルダーなど小さなものには、凸凹面にもプリントできるパッド印刷で印刷しますが、パッドのサイズでしか印刷できないので大きなものには印刷できません。

クリアファイルなど透明のものには、裏が透けて見えるオフセット印刷を使用します。こちらは小ロットだと費用が割高になるため、たくさん作りたい時におすすめです。

素材や大きさによってきれいに作れる印刷方法は違うことを頭に入れ、予算との兼ね合いにも注意して制作を進めましょう。

まとめ
ノベルティ

エコグッズはノベルティとして企業イメージアップに効果的なアイテムです。環境に配慮する先進的な企業・店舗だということをアピールできます。

また、ノベルティにエコグッズを選ぶことは自社のイメージアップだけに留まらず、エコ意識を広める社会貢献にもつながるでしょう。

また、素材がエコであるだけでなく、実用性や使いやすさにもこだわれば、さらに印象は良くなるでしょう。

今回ご紹介したアイテムなどの情報を、お店や企業のイメージにふさわしいエコグッズ制作にお役立てください。